框付地板のご紹介

いつも大変お世話になっております。

ブログ更新を怠っている間に、大みそかがすぐそこまでやってまいりました。

ということで本年度最後のブログ更新をさせていただきます!

 

弊社では、ボルト加工、ホフマン加工、ジョイント加工、NC加工機を使った様々な加工、複合R、糸貼り等、特殊な技術を得意とし、多種多様な資材をストックし、製品を生産しております。

 

本日ご紹介させていただくのは、4000x1600の框一体型地板でございます。

縮小002縮小004縮小005縮小006縮小008縮小009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

単板はタモ化粧練り付けで、BOOK貼をし、目合わせをしっかりしてあります。

弊社が得意とする、糸貼りの技術がここにも生かされています。

こまかいところに気をくばりながら(製品がおおきので移動も大変)各部署ごとに、最終出荷にむけてチェックです。

製品づくりは一人では、できません。

お客様から発注いただいて、

工場への指示を間違いなく指示書とする。

単板との打ち合わせ、単板の手配。

芯材の手配、寸法に狂いないようにモルダーをかける。

単板の指示に気をつけながらプレスでの化粧練。

加工寸法、製品の使い勝手に気をつけて加工機を通します。

特殊加工部署でのR加工、糸貼。

最終出荷に向けて、仕上部署では念入りにチェックしながらサンダーをあてます。

各部署を行き来し、連携をとりあいながら品物は完成していきます。

ひとり、ひとりが

責任をもって

お客様に満足していただける製品づくりを

心がけ、製品と向き合っていきます。

そんな丁寧なものづくりへの気持ちが

大事だと日々感じております。

 

今後もお客様に「また依頼したい」と

思っていただけるような製品づくりに、努めてまいります。

 

今年一年本当にお世話になりました。

(ブログ更新を怠っていましたが、、、、)

来年も相変わらぬご愛顧を申しあげて

歳末のご挨拶とさせていただきます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。