銘木の産地xならまち(^_^)/

皆様こんにちは。

九月ともなればさすがに過ごしやすくなってきましたね。

また、かなり不安定なお天気が続いています。

予測のできない自然災害が一番恐ろしいですねm(__)m

一体どうなってしまうのか、、、不安です。雨が続くと、特殊R加工材の出荷日がずれてしまったりと業務にも支障が出てしまいます。早くいいお天気になってほしいです。

 

さて、今回皆様にご紹介させていただきたいのは、吉野といえば「吉野杉」「吉野桧」です。

名産地からぬくもりいっぱいで作らせていただいた工芸品のご紹介です。

2013年7月、奈良県庁玄関ホールがリニューアルされ、奈良県産材を活用して、木質化されたことにより「ぬくもり」のある空間に生まれ変わりました。

いつもお世話になっております、奈良の木ブランド課 係長 北村様 からのご依頼で吉野桧ランプを作らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

吉野桧ランプ HINOKI LAMP(灯の木) (デザイン haco+ 藤本和宏様)

 

 

桧の種をモチーフにした丸くて柔らかい雰囲気のLAMPです。

夕日色のLEDで癒されます(*^_^*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

繊細で美しい木目と狂いなく丸みを帯び形成されたランプに魅了されます。

ほんとうに素敵です。

 

6月末に納品させていただいた後、北村様から「吉野桧ランプご好評です。」と有難いお声を聞かせていただきました。吉野材をより多くの人々に知っていただけた喜びでいっぱいです。

加工技術の素晴らしさも五感で感じていただけたのではと思いました。

嬉しい声をいただきながらも、納品させていただいてからお伺いできなかったので、やっと行って参りました!!

 

奈良県庁へ(*^_^*)/

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せんと君がお出迎えしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 玄関ホール 吉野材を使用したランプ展示(写真真ん中が弊社製作のLAMPです。)

 

 

 

 

 

あかり工房 吉野 さんの作品 左「輝くShizuku」右「森の精」 

 

 

県庁舎を訪れる多くの方々に、木の香りや温かみを感じていただくため、樹齢200年を越える県産材を用いて玄関ホールの整備を行ったそうです。

杉、桧を使用して造られているので玄関ホールは、木のいい香りがしていました。

ほんとうに落ち着きますね。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 県庁屋上へ

 

 

 

 

 

 

 五重の塔

 

 

 

 

 

 

若草山

 

 

 

 

 

 

この日は、あいにくの曇り空m(__)m

晴れていれば県庁の屋上は最高のおすすめスポットでした。

解放的で山々に囲まれた自然の景色にパワーをいただきました。

大好きな奈良県。

またひとつ好きなスポットが増えました。(^_^)

 

 

もっともっと多くの方々に奈良を知ってほしい。吉野材を知ってほしい。

そして奈良県産材を愛する温かい人たちを知ってほしい。

そんな気持ちで県庁を後にし、観光気分で奈良散策です♪

 

奈良といえば、

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿さん(^_^)/

 

 

 

 

 

 

 

マイナスイオンいっぱい~!!!

癒されました。 

 

 

 

 

 

 

 

 

iPhoneカバー・吉野杉ランチョンボードを販売していただきました。

「きてみてならショップ」さん

 

 

 

 

 

 

そしてその後は、吉野杉料理箱を販売していただき、いつもお世話になっております「くるみの木」さんへ。

すっごくすっごく可愛くて、たくさんお写真撮らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 外観もおしゃれです。

 

 

 

 

 

 

雑貨屋さん(下記写真) 

こちらで吉野杉料理箱を置いていただいてます。

素敵に陳列していただき、ありがとうございます。

中はシンプルなんだけど、ギュッと詰まった感じで、あちこちに陳列されたナチュラル雑貨に

心奪われます。細やかな雑貨と地元の食材を使った商品。素敵ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

とてもゆっくりとした時間を過ごすことができる「くるみの木」さん(一条店)。

ランチプレートもすごくこだわりがあり、おいしかったですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の奈良散策は、実際に販売されている商品・展示されている商品を見て触れることで、吉野材への愛着がますます沸いてきました。新しい形になって生き続けることは木にとっても、人にとっても幸せなこと。そんな幸せを届けれるように、日々の業務に励みたいです。

皆さん、ぜひぜひ!!奈良散策される際には、奈良県庁で吉野桧LAMP(灯の木)と「くるみの木さん」で吉野杉料理箱をご覧になってくださいね(*^_^*)

今後ともよろしくお願い致します。

(もちろん、吉野にも遊びにきてください)(^^)